【徹底調査】ピルにバストアップ効果はあるのか?

ネットで「ピルを飲むとバストアップ効果がある」という情報を見て真似される女性が増えているようですが

「本当に胸を大きくする効果があり、副作用はないのか」を調査してみたので少しでもピルを使おうと考えている方は最後まで読んでみてください。

ピルの成分はエストロゲンとプロゲステロン

経口避妊薬として使われているピルには、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンが配合されていて、排卵を抑える効果があります。

そのため、ピルを摂取すると女性ホルモンの量が一時的に増えるため、乳腺組織の成長を促したり、胸の脂肪の生成を促進することにつながると考えている人がいるようです。

確かに、一時的にバストに変化を感じる方がいますが、薬によって強制的にホルモンバランスを変化させているので、体にとっては負担がかかっています。

ピルによる副作用

ピルをバストアップサプリ代わりとして摂取しようとするのはおすすめできません。

ホルモンバランスを強制的にコントロールさせ続けた状態では体の働きが乱れるため、以下の症状を患う可能性があります。

・不妊症

・不正出血

・子宮内膜症

・生理周期の乱れ

バストアップ効果を期待して摂取していたら、上記のような深刻な症状になってしまったら元も子もありません。

あくまでピルは避妊目的で一時的に使用するものと捉えておきましょう。

バストアップは安全なやり方で

バストアップで巨乳を目指すのならば、体に悪影響を与えないやり方で行うのが安全です。

特にバストアップクリームを使ってマッサージを行うのは効果的なので、以下のページを参考にしてみてください。

>>バストップクリームランキングはこちら