豆乳にバストアップ効果はある?真相を徹底調査しました


「豆乳にはバストアップ効果がある!」

そう信じて豆乳を毎日飲んでいる女性が増えているようですが、本当に胸が大きくなる効果はあるのか疑問に思う方もいるでしょう。

実際のところ、豆乳にはバストアップにつながる成分はないためほとんど効果はありません。

豆乳の成分について

よく豆乳には大豆イソフラボンが含まれているからバストアップが期待できるといわれます。

大豆イソフラボンはその構造が女性ホルモンに似ているためにそういう言われているのです。ですが、その働きはきれいな髪を作ったり、美肌を作るサポートをしてくれることなので、バストアップには不向きです。

ただ、美容効果はあるためそれ目的で飲むのは構いません。

※豆乳はタンパク質が豊富なので細胞の生成をサポートしてくれます。

一部の女性はバストアップ効果がある

豆乳にバストアップ効果が完全にないのかというとそうでもありません。

私の知り合いの女性は貧乳だったのですが、毎日黄粉入りの豆乳を飲むようになってから一年ほどでAカップからCカップにまで胸が大きくなっていました。

なのでどうしても豆乳の効果に期待したいのなら黄粉入りの豆乳をおすすめします。それならタンパク質が豊富に含まれているため、胸の脂肪となる細胞の生成をサポートしてくれる可能性があるからです。

バストアップのために豆乳はどのくらい飲むといいか?

豆乳は一日に200ml程度飲むのが推奨されています。短期間でバストアップするために豆乳をたくさん飲もうとする方もいますが、これは逆効果です。

豆乳の飲みすぎは生理不順になることもあるので気を付けましょう。

また、豆乳は調整調乳と無調整豆乳がありますが、飲みやすさを重視するなら調整豆乳が甘いのでおすすめです。

バストアップは専用のクリームがおすすめ

豆乳でバストアップを目指す以外の方法としては、バストアップクリームを使うのも効果です。

バストアップクリームなら胸の細胞に直接成分が届くので、乳腺組織や脂肪の生成を促進してくれやすいのが特徴です。

以下のページでおすすめのバストアップクリームを紹介しているのでぜひチェックしてみてください。

>>バストアップクリームランキングはこちら